個人サロン・リラクゼーションサロン専門・ホームページ制作・作成講座・SEO対策・W3C・シンプルデザイン

ホームページ作成講座 < W3C準拠の正しいHTMLの文法で記述しよう。

W3C準拠の正しいHTMLの文法で記述しよう。

ホームページは使っているパソコンのブラウザ環境によって表示のされ方が違ってきたりします。

一般的なブラウザはインターネットエクスプローラーですが、僕はグーグルクロムを使っていますし、
Firefoxも有名なブラウザですし、他にも色々あります。

例えばインターネットエクスプローラー(IE)ではきちんと表示されているのに、
グーグルクロムではデザインがくずれて表示されるサイトがあったりします。

そういうデザイン崩れを防ぐためにも正しい文法でサイトを作成する事が必要です。

逆にサイトの表示は一緒だったとしても、中身(ソース)を見ると無駄なタグが沢山記述されているサイトは結構あります。

W3Cとは、web技術の標準化を目的とする国際的な非営利団体の事ですが、W3Cに基づきサイトを制作する事で、
無駄なプログラムを省けるので、検索エンジンのロボットが内容を理解しやすいサイトを作る事ができます。

その結果、検索ロボットに好かれるサイトになり、検索上位表示につながるのです。

HTMLの記述は正しい文法でエラーの無いページを作りましょう。

正しい文法をチェックするツール

HTML文書の文法をチェックし、採点してくれるサイトです。

Another HTML-lint gateway

更に間違っている部分を指摘してくれて、解説もついています。

間違っている部分を解説を見ながら自分で修正し、解説だけではわからない場合はネットで検索して、
わかりやすい説明のサイトを見つけて修正してください。

間違いの修正を繰り返す内に、HTMLやホームページ作成の知識が深まり正しいHTMLの文法で記述できるようになります。

僕もこの方法でかなり知識が深まりました。

エラーが無ければ「たいへんよくできました」のはんこが押されます。

W3Cエラー無し

W3Cのサイトが提供しているHTMLの構文・文法チェックのサイトもあります。

チェックに合格した場合は、W3Cのアイコン(バナー画像)をページに貼って、規格に準拠していることをアピールできます。

W3C Markup Validation Service

エラーが無いとこのように表示されます。

W3Cエラー無し

W3Cのサイトが提供しているスタイルシート(CSS)チェックのサイトもあります。

こちらのサイトは日本語に対応しています。

チェックに合格した場合は、W3Cのアイコン(バナー画像)をページに貼って、規格に準拠していることをアピールできます。

W3C CSS Validation Service

エラーが無いとこのように表示されます。

W3Cエラー無し

ご質問がありましたら、メールフォームよりお問合せ下さい。

お問合せメールフォーム

このページの先頭へ トップページへ